FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイプル物語第三話「菫」

スリピ伝説7

花 一つの花が枯れる時新しい根が生まれ育つ

これはユーザー自身にも言える事ではないだろうか?

辞めるものが現れ 新しくまた始めるもの

これは花と同じくまた自然


俺たちはどのくらい進歩したとも言わんばかりの対応感

またこの劣等感・・


ブレスト100k
逆賊ソンビキノコにブレストファイやぁああーー



元々何も出来なかった俺たち

だからある程度やむを得ないこの結果


スリピ伝説3

ここスリーピーウッドには無残な死骸が半日常的とも

言っていいほど転げ落ちている事が珍しいと言うには程遠い


スリピ伝説5


さぞかし強がっていたあの頃の力など今では到底無にすぎない


そればかりか時を犯した時間の束縛など決して気づくものなどいないに等しいのではないか?

気づいたものは辞め 気づかぬものは続投

言い方は悪いが・・・・

私もまた後者の者である事には否定は出来ない


スリピ伝説2
売れもしない屋台でひたすら夢みるスリピの住民A


だが続投したものには花がたしなみ

やめたものには拝む事は二度と来ず




「会えてよかった。もしよかったらこの軍手使ってくれないか?」



体を張ったそのおおげさな言葉

だがこのおおげさな言葉こそ人間としてユーザーとして

大事な事だったのかもしれない。

俺は・・変わったのかな。

この町のボス バルログも器用ではない

この行動に対しても何かを失いかけてた狭間だったのかもしれない。






廃人の誇りを忘れたか?
そのランカーとしての心意気を汚すおつもりか?

スリピ伝説6

彼が怒った理由が少し分かった気がする。








時間を求めた人間の性とは実にむなしい
終わる事は始まりなのかもしれない。

だがしかし・・
スリピ伝説4

























あなたは続投しますか?
スリピ伝説LAST






ナレーターBURUUs氏
メイプル物語第一話 ナレーターBURUUs氏
「原点を忘れず共に生きた仲間との味を忘れかけていた大阪shannは本当に屑だったのかもしれない。
だがそれ以上の事を得た大阪shannはまさに水を得た金魚
彼が残すメッセージには何が残されているのだろうか。」
スポンサーサイト

プロフィール

mapleshann

Author:mapleshann
意味不明で気さくな物語を描くこの世の末をはたしてみなさんは理解出来るだろうか?1人の博が描くたった一つの物語

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。